低金利が続く昨今、大切なお金を上手に運用しようとする動きが活発です。
株式や投資信託、FXなど投資への注目度が高まるなか、どの商品のどの投資先にしたら良いのか見当がつかないという声も多くあります。そんなときに頼りになるのが投資顧問です。
美人アナリストで注目を集める「向後はるみ」は株エヴァンジェリストで投資助言を行っている人物。助言がよく当たると好評の人気女性アナリストです。
株エヴァンジェリストでの投資顧問活動に定評のある向後はるみとは、どういう人物なのでしょうか。詳しく紹介していきます。

美人アナリスト向後はるみとは?

投資の女神と謳われ、いまや投資に興味をもたない人の間でも注目を集める美人アナリスト向後はるみ。これまでどういう経歴を歩んだ人物なのでしょうか。
向後はるみは投資情報会社からの転職後、さまざまな企業での経験を経て、現在では株エヴァンジェリストで投資助言を行っています。
現在、投資エヴァンジェリスト、テクニカルアナリスト、そしてフィナンシャルプランナーとして、Yahoo!ファイナンス株予想での「実践!投資の女神注目銘柄分析パーソナリティ」の掲載、講演活動、新聞や雑誌への投資情報の執筆、ラジオやマスコミなどにも活動の幅を広げています。
また、2014年以降3年連続で株-1グランプリを優勝し、Yahoo!ファイナンス株予想でも投資の達人としていくつもの株予想を展開してきました。
そして、投資の女神といわれるほどの美人アナリストとして、投資に興味のある人もない人も振り向かせるビジュアルとパフォーマンスこそすべてと、あくまでも資金効率重視の銘柄を厳選した独自の株予想、これまでのYahoo!ファイナンス株予想での達人としての活躍や株-1グランプリ優勝などの実績から、信頼できる投資助言者としてますます活躍が期待される人物です。

向後はるみ所属の株エヴァンジェリストの口コミ評判

投資の女神・向後はるみの豊富な実績に基づく投資助言が実際に反映されているのが、株ヴァンジェリストの株価予想のようです。
株エヴァンジェリスト評判はどのようなものでしょうか。
口コミについて調べる人の手評判は実際に投資した結果のパフォーマンスによって変わりますが、おおむね評価は良いものが多いようです。
たとえば、「向後はるみのラジオで紹介された銘柄が順調に騰がってきている」、「有料で買った銘柄が今日ストップ高になった」、「ある株ブロガーのブログ投稿を見て登録したが本当に無料銘柄の成績が良いみたいだ」等、利用者自身のブログや投資顧問の口コミサイトなど、ネット上での評価は比較的良好です。

ですが、ネットではこのように良い評価だけではなく、2chなどでは悪い口コミも見受けられることがあります。
これは株エヴァンジェリストのサービスが悪いということではなく、自分の投資の失敗を投資顧問サービスに押しつけるクレーマー気質な利用者の口コミが2chなどに多い場合があります。
投資は多額のお金を投じて利益を得ることが可能ですが、反面、投資に失敗すると大きな損失を負うことになります。
投資顧問を選ぶ際は予想や勝率だけではなくリスクヘッジなどの助言にも耳を傾け、悪評に惑わされない投資活動を行うことが大切です。

比較的新しい投資顧問「株エヴァンジェリスト」

実績があり多方面で活躍する向後はるみを助言者に迎えた株エヴァンジェリストは、比較的新しい投資顧問サービス会社です。
新しいからこそ固定観念に縛られない、柔軟な発想と的確な市場動向の見極めによって、今後の分析結果に期待が持てます。
会社が選ぶ銘柄の特徴としては、業績寄与度が高く息の長い上値が十分に見込め、軽い値動きをするものを紹介しているようです。
一喜一憂するような博打的な売り買いが続くのは、長い目でみると損をする傾向があります。
息の長い取引のなかで利益を出すことを中心にすえた方針は、利用者の信頼を大きく生む可能性があります。
実際、株エヴァンジェリストが予想した銘柄が急騰した事例をホームページに紹介し、パフォーマンスを確認することができます。
実績があり信頼のおける投資顧問先を探しているユーザー、そして現在利用を迷っているユーザーには、イチオシの投資顧問サービス会社です。

まずは無料サービスを試してみてはいかがでしょうか。
無料で会員登録した後、急騰候補株情報の配信で株エヴァンジェリストの情報力、分析力を判断することができます。
さらに、個別のアドバイスや大きく利益を出したい場合には有料サービスも用意しています。
大切なお金をできるだけローリスクでリターンを得たいのは投資者の思いです。
それを実現するには、なによりも向後はるみのような信頼できる助言者に迎え、シンプルに利益を生むことに注力する投資顧問の存在が欠かせません。
投資顧問を利用する人は、どの銘柄が利益を生むのかを考える前に、どの投資顧問が正しく利益を生ませてくれそうかを精査することが大切です。